キュレル 皮脂トラブルケア 通常便なら送料無料 120ml 保湿ジェル /balductum529965.html,皮脂トラブルケア,キュレル,保湿ジェル,キュレル,美容・コスメ・香水 , スキンケア , 美容液,保湿ジェル(120ml)【キュレル】,皮脂トラブルケア,1161円,document-agent.com,キュレル,/ /balductum529965.html,皮脂トラブルケア,キュレル,保湿ジェル,キュレル,美容・コスメ・香水 , スキンケア , 美容液,保湿ジェル(120ml)【キュレル】,皮脂トラブルケア,1161円,document-agent.com,キュレル,/ 1161円 キュレル / キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル(120ml)【キュレル】 美容・コスメ・香水 スキンケア 美容液 キュレル 皮脂トラブルケア 通常便なら送料無料 120ml 保湿ジェル 1161円 キュレル / キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル(120ml)【キュレル】 美容・コスメ・香水 スキンケア 美容液

キュレル WEB限定 皮脂トラブルケア 通常便なら送料無料 120ml 保湿ジェル

キュレル / キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル(120ml)【キュレル】

1161円

キュレル / キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル(120ml)【キュレル】






お店TOP>化粧品>薬用化粧品(メディカル化粧品)>薬用保湿>薬用保湿 ジェル>キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル (120ml)

商品区分:医薬部外品

【キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェルの商品詳細】
●乾燥だけでなく、過剰な皮脂でも肌荒れをくり返す敏感な肌に。
●ベタつきを抑制する成分(基剤)配合。
●潤い成分(潤浸保湿セラミド機能成分、ユーカリエキス)配合。
●なじみのよい水ベースで、角層の深部まで潤しながら、表面はさっぱり。ノンオイリー処方。
●にきび・肌荒れを防ぎます。消炎剤(有効成分)配合。

【販売名】CureL保湿ジェルSa

【使用方法】
・化粧水の後にお使いください。
・手のひらに適量(ポンプ3~4押し分)をとり、顔全体にやさしくなじませます。

【成分】
アラントイン※、精製水、グリセリン、BG、ジメチコン、ユーカリエキス、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド、10-ヒドロキシウンデカン酸、酸化Zn、ステアロイルメチルタウリンNa、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、アルギニン、パラベン
※は「有効成分」無表示は「その他の成分」

【原産国】
日本

【ブランド】
キュレル

【発売元、製造元、輸入元又は販売元】
花王

商品に関するお問合せ
受付時間9:00~12:00/13:00~16:00(土曜・日曜・祝日除く)
*製品の誤飲・誤食など緊急の場合は、受付時間外でもお電話ください
ヘアケア・スキンケア用品:0120-165-692
男性化粧品(サクセス):0120-165-694
ニベア・8*4:0120-165-699
ソフィーナ・エスト:0120-165-691
キュレル:0120-165-698
洗たく用洗剤・仕上げ剤・そうじ用品・食器用洗剤:0120-165-693
ハミガキ・洗口液・入浴剤・温熱シート:0120-165-696
紙おむつ・生理用品・サニーナ:0120-165-695
飲料(ヘルシア):0120-165-697
Sonae(そなえ):0120-824-450
ペットケア:0120-165-696


リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

(CureL)

/(/F611005/)/

花王
103-8210 東京都中央区日本橋茅場町1-14-10 ※お問合せ番号は商品詳細参照


広告文責:グループ株式会社
電話:050-5577-5043

[美容液/ブランド:キュレル/]

キュレル / キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル キュレル 皮脂トラブルケア 保湿ジェル(120ml)【キュレル】

スープ賢人 抱っこひも BELK. Fundy-Fundy(フンディ-・フンディ-) マツダアクセラ グッドムービングひざサポーター コアバランス機能商品 腰部サポートウェア rakunie(ラクニエ)

人間生活工学とは、私たちの「安心・安全・快適・健康・便利」な生活を実現するための“ものづくり”の考え方と技術です。生活とは、家庭にとどまるものではなく、仕事、余暇、勉学など、人の営みすべてです。そして人間生活工学に基づくものづくりとは、作られる“もの”(製品やサービス)を、その使い手の視点において設計し、また“作るプロセス”(生産や物流などのシステム)を、そこに携わる人の視点において設計することです。人間生活工学の対象は製品やサービスのみならず、空間や環境、仕事や暮らしも含まれます。ものを生み出すメーカーはもとより、製品やサービスを生活者へ届ける流通、販売や、生活者自身のよりよい暮らし設計のためにも必要な技術です。