Excleで数式・関数を使えるようになった方からよくいただく質問に、「エラーを表示させないようにするにはどうすればいいのか」というものがあります。
C1セルに「=A1/B1」という数式が入力されていて、B1セルが「0」だったりすると、「#DIV/0!」というエラー表示になってしまいます。あるいはA1セルやB1セルに文字列が入力されれば「#VALUE!」エラーとなります。これを表示させないようにするにはどうすればいいのかという質問です。
あるいはVLOOKUP関数を覚えた方から、事前に該当セルにVLOOKUP関数を入力して、第1引数の検索値が入力されていない状態で「#N/A!」エラーが表示されるのを防ぐにはどうすればいいのか、という質問をいただくことも多いです。
そのワークシートがどう使われるかによっていろいろな回避策があるはずです。
例えば、使っているExcelのバージョンが2002以降で、画面上はエラーが表示されていても問題なく、印刷するときだけエラーが印刷されなければいいということだってあります。そんなときは[ページ設定]ダイアログでエラー値を印刷しない設定にするのが簡単でしょう。
先の「=A1/B1」のような場合なら、A1・B1セルに数値以外の値が入力されないように、B1セルには「0」を入力できないようにしておくという処理を入れ、エラーの状態にさせないようにするというのもありでしょう。
VLOOKUP関数で第1引数が未入力状態のエラーだけを回避したいのならば、IF関数で第1引数にあたるセルが入力されているかどうか判断するという方法が考えられるでしょう。
実務ではその利用目的によって、どのように回避するのがいいのかをしっかり考えていただくとして、ここでは単純にエラーのときにエラーを表示させない方法をご紹介しておきます。
▼操作方法:エラーを非表示にする
(C1セルに、「A1/B1」の結果をエラーでないときだけ表示させる例)
C1セルに、「=IF(ISERROR(A1/B1)=TRUE,””,A1/B1)」と入力
エラーが発生しているとTRUEとなるISERROR(there IS an ERROR)関数を、IF関数に組み合わせるわけです。
「A1/B1」がエラーだったら「””」を表示(空白を表示=何も表示されていないように見せかける)、「A1/B1」がエラーでなければ「A1/B1」の結果を表示すると記述しているわけです。
「=TRUE」を省略して、「=IF(ISERROR(A1/B1),””,A1/B1)」と記述することもできます。
ISERROR関数の引数と、実際に表示をさせるためのIF関数の第3引数に、まったく同じ記述をしなければいけないところが冗長で、あんまりカッコイイとは言えない気もしますが、この記述をしておけばエラーが発生したときは何も表示されなくなります。
また、ISERROR関数とよく似た関数にISERR関数というのがありますが、ISERRの方は「#N/A」エラー以外のエラーのときにTRUEとなる関数です。

>文書作成代行
>パソコン企業研修
>パソコン教室
>パソコン教室久喜市 
>パソコンの家庭教師BEST