Office 2007でユーザーインターフェースが変更され、それに伴いボタンの動作も2003までとは異なっていることがあります。
2003までの[標準]ツールバー?[表の挿入]ボタンと、2007の[挿入]タブ?[表]グループ?[表]ボタン?[表の挿入]は、表の挿入を行うという点では同じですが、微妙に動作が異なります。
「word2007 8行×10列を超える表の挿入」
という検索は、そんな微妙な動作の違いに起因する疑問を表しています。
2003までの[標準]ツールバー?[表の挿入]ボタンは、ドラッグすることで相当大きな表の挿入もできますが、2007の[挿入]タブ?[表]グループ?[表]ボタン?[表の挿入]からは、ドラッグしても8行×10列より大きな表を挿入することはできません。
▼操作手順:8行×10列より大きな表を作成する
[挿入]タブ?
 [表]グループ
  ?[表]ボタン
   ?[表の挿入]をクリック
 ↓
[表の挿入]ダイアログ
 ?[表のサイズ]欄
  ?[列数][行数]を指定
 ↓
[表の挿入]ダイアログ?[OK]ボタンをクリック
2003までのWordでも、メニュー[罫線]?[挿入]?[表]をクリックすると、[表の挿入]ダイアログが表示され、列数と行数を指定して表を挿入できました。
それと同様の操作を行うことで、Word 2007で8行×10列より大きな表を作成することができるのです。

>文書作成代行
>パソコン企業研修
>パソコン教室 
>パソコンの家庭教師BEST