2003までのPowerPointならばメニュー[書式]?[フォント]をクリックして、PowerPoint 2007なら[ホーム]タブ?[フォント]グループ?[フォント]ボタンをクリックして表示される[フォント]ダイアログで、[下付き]チェックボックスをOnにすることで、文字を下付きにすることができます。
頻繁に下付きにする場合、いちいち[フォント]ダイアログを表示するのは、かなり面倒で、ショートカットキーを探す方の気持ちはとても納得できます。
▼操作手順:文字を下付きにする
下付きにしたい文字を選択
 ↓
[Ctrl]キー+[;](セミコロン)キーを押す
いちいち[フォント]ダイアログを表示しなくても、[Ctrl]+[;]キー一発で文字を下付きにできます。
注意点は、[Ctrl]+[;]キーを押す前に、下付きにしたい文字を選択しておくことだけでしょう。
下付きをショートカットキーで設定するのですから、文字の選択も、マウスでドラッグするより、[Shift]キーを押しながら方向キーを押して行うのがスマートに感じます。
下付き文字をよく利用するという方は、是非一度ご確認ください。

>文書作成代行
>パソコン企業研修
>パソコン教室
>パソコン教室久喜市 
>パソコンの家庭教師BEST