スライサーとは、ピボットテーブルのフィルター機能を使いやすくしたものです。
Excel2007ではドロップダウンリストから選択(指定)していたのが、Excel2010ではスライサー(小窓で表示されます)で指定できるといった感じで操作性が向上したということのようです。
スライサーの操作手順
ピボットテーブル内を選択します。(ピボットテーブル内にカーソルを表示します)
[ピボットテーブルツール]リボンが表示されますので、[オプション]タブの[スライサー]→[スライサー]を実行します。
「スライサーの挿入」でフィルターを利用する項目にチェックを入れます。
スライサーが挿入されました。見やすいようにピボットテーブルの下にドラッグして配置した例です。
複数選択するときは[Ctrl]キーを押しながら選択します。
連続した複数のものを選択するときは[Shift]キーを押しながらクリックします。
ちなみに、従来のようにフィルターボタンをクリックして選択することもできます。
スライサーの良いところは、複数のフィルターをしている時にどのような設定になっているのかがスライサーを見れば一目瞭然なところです。
従来はフィルターがかかっているのはわかりますが、ドロップダウンリストを展開しないと内容がわかりませんでした。

>文書作成代行
>パソコン企業研修
>パソコン教室
>パソコン教室久喜市 
>パソコンの家庭教師BEST