エクセル2010で拡張されたテーブル機能について説明します。
テーブルの挿入     
データを入力します。
[挿入]タブの[テーブル]を実行します。
データ範囲が適切か、「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックが入っているのを確認して[OK]ボタンをクリックします。
テーブルが作成されました。 
列見出しに▼ボタンが表示されています。
また、テーブルの右下にテーブルの領域を操作できるハンドルがあります。
検索ボックスが設置されました。
    
Excel2010では「検索ボックス」が設置されていますので、ここへ絞り込む値を入力してフィルターができます。
テキストフィルター以降の操作を省略できたり、表示されたリストから捜してチェックを入れるということから解放されるかもしれません。
ただし、複数条件の設定ができないようですので、そういったときは従来のようにテキストフィルターなどを利用します。
検索ボックスに入力された値は部分一致で検索されます。
では、完全一致で検索したいときはどうするの?・・・といった疑問が・・・
完全一致で検索したいときは「”AA”」のように二重引用符(ダブルクォーテーションマーク)でくくります。
列見出しが上部に表示されます     
Excel2007ではデータが長い場合、スクロールしていると列見出しが消えていましたが、Excel2010では列番号部分に列見出しが表示されるようになりました。
いちいち最上行が見えるまでスクロールせずに済みます。
ショートカットキー[Ctrl]+[↑]を使えば済むことではありますが、便利そうな機能拡張です。

>文書作成代行/データ入力代行サービス
>ワード・エクセル・マクロVBA・パワーポイント・アクセス企業パソコン研修
>出張パソコン教室ITスクール
>ホームページ更新サービス 
>パソコンの家庭教師BEST