エクセル2010の新しい機能のひとつ、スクリーンショットについて説明します。
スクリーンショットとは、画面のハードコピーを取り込むことができる機能のことです。
通常は[PrintScreen]キーとか、[Alt]+[PrintScreen]キーでコピーして貼り付けるという操作でハードコピーを取ることができます。
Excelの[スクリーンショット]コマンドで実行できるのは、開いているプログラムのウィンドウ画面となります。
なお、Excel2010自体のスクリーンショットは取れないようです。
[挿入]タブの「図」グループにある[スクリーンショット]をクリックすると、取り込めるウィンドウ画面が表示されます。
また[挿入]タブの「図」グループにある[スクリーンショット]→[画面の領域]を実行すると画面の一部を取り込むことができます。

>パソコン教室 
>webデザイン講座
>楽天ネットショップ講座
>パソコン企業研修 
>ホームページ更新サービス